iPhone(アイフォン)修理のモバイル修理センターは安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はモバイル修理センターで即日解決

修理ブログ

BLOG

  • 2021年1月16日
  • 高円寺店

【iPhone修理】iPhone11 リアカメラ交換をご紹介!

こんにちは

モバイル修理センター高円寺店のブログでは主にiPhoneやスマホに関する修理風景を更新しています。

画面割れや液晶不良などがどのような流れで修理が行われているのか。気になる方は是非ご覧ください!

修理端末は・・・・iPhone11!

今回お預かりした端末を早速確認します・・

 

 

うへえ( ^ω^)・・・・

 

カメラを起動した状態です。

真ん中でカクカクと画面が震えています、写真だとわりづらいですがブルブルと言った方が近いでしょうか。

一瞬液晶の問題を疑いますがホーム画面に戻ると収まります。しかしカメラを起動するとまた画面が揺れます。

このことからまず原因は画面ではなく、カメラによるものだと絞ることができます。

 

この症状ですが、

iPhone11のみではありません。iPhone6でもiPhone8でもiPhoneXでも起こることがあります。

原因としては恐らく何かしらの衝撃が本体に加わりカメラに直接ダメージが入ったと考えられます。つまりカメラを交換することでこの症状は解決できます。

 

そうと分かれば早速修理に取り掛かります。

ここでおさらいになりますが、iPhone11シリーズの電源が万が一切れない場合強制シャットダウンをする方法があります。

カメラトラブルだけなら普通に切れると思いますが、おさらいなので念のため!

iPhone11のシャットダウン方法

 

iPhoneは画面操作が効かなくなった時などの手段として、強制シャットダウンをすることができますが機種によって方法は異なります。

今回はiPhone11になりますので、iPhone8以降から採用された強制シャットダウン方法を使います。

①音量ボタンの上を一回押す

②音量ボタンの下を一回押す

③電源ボタンを長押しする

④一度画面が消えて、再度リンゴのマークが点くがそのまま押しっぱなしにする。画面が再度消えたら離す

音量ボタンは長押しではなく、テンポよく押します。

これでiPhoneの電源は落とせますので困った時は是非ご参考までに…。

 

修理工程

 

電源を落としたので修理を開始します。

iPhone11の構造はiPhoneXRとほぼ同じなのでその工程を利用していきます。

横にケーブルが繋がっているので慎重に開けていきます。

 

カバーに覆われています。四方のねじを外し、バッテリーを繋いでいるコネクタを外しておきたいので、下から外していきます。

ケーブルを傷めないように慎重に丁寧に…。

 

画面を外しました。第一段階終了です。

画面を分解するとこのように二つに分かれます。画面交換は液晶から部品を外していきますが、今回は下側の本体からカメラを外してきます。

 

分解時に気をつける点

 

カメラを分解する際に気をつける点は3つ。

 

 

・カメラ本体のケーブルを切らないこと

・ネジを外す際にネジの位置を記憶しておく、無理に力を入れてネジ穴を潰さない

・カメラ本体(レンズやケーブル)をなるべく触らない、過度な負荷はかけない

 

 

カメラをiPhone本体から外した状態です。
iPhone11は二つカメラがありますよね。上下で役割も違いますが丸ごと交換という形になります。

カメラを外すとレンズが見えます、このレンズにカメラを再度入れていきますがこれも慎重に行います。

 

 

こうなります。

カメラは接続部にしっかりとつけます。ここが甘いと接触不良で映らなかったりします。
すべて組み上げて修理完了でございます!
あとは動作の確認を行って問題ないかの最終チェックに入ります。

 

 

ブルブル消えたーーーー!!!

無事修理完了でございます。カメラアプリを起動しても異音もなく、問題なく動作しています!

これにて本当に修理完了です!お疲れ様でした。

 

まとめ

今回修理したiPhone11修理、ご案内は以下のようになります!

 

 

機種:iPhone11

 

症状:カメラトラブル

 

作業時間:約30分程度

 

即日修理となりますので、緊急時でも対応いたします。また、iPhone11は背面割れも非常に多く本体基板へかかる負荷もかなり大きいです。

基板修理等のご相談もお待ちしております、是非モバイル修理センター高円寺店までご連絡ください!

ページの先頭へ戻る