iPhone(アイフォン)修理のモバイル修理センターは安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はモバイル修理センターで即日解決

修理ブログ

BLOG

  • 2020年9月20日
  • 高円寺店

【iPhone11】iPhone修理の流れ

こんにちは

モバイル修理センター高円寺店です!

当店ではスマホの修理を行っております!

しかし、スマホの修理って実際にどうやってるのか、どんな作業なのかパッとイメージが浮かばないと思います。

精密端末かつ、今では生活には欠かせない必需品であるスマートフォン。

今回は当店で行っている修理を実際にお預かりしたiPhoneを使ってご紹介します。

 

 

iPhone11Proの画面修理工程

 

 

今回お預かりしたのはiPhone11Proです!

iPhoneのモデルでは最新シリーズであり、XSの進化版ともいえます。最大の特徴はタピオカカメラと呼ばれているほどカメラが多い点です。

望遠・広角・超広角のレンズを搭載していて、バッテリーの持続時間も今までより段違いに伸びています。

そんな最新モデルでもやはり割れてしまうなんてことはあります。精密機器の運命なのか、フレームが分厚くなった分画面が薄いためより危険度は増しています。

写真でもところどころひび割れが広がっているのが見えますでしょうか。ひび割れは放置していても衝撃を与えただけで広がる可能性もあります。

 

 

修理の流れ

 

動作の確認と状態を確認してから修理に取り掛かります。

iPhoneの画面修理は至ってシンプルですが、その中でも気を付けなければならない点がいくつもあります。

そのため経験が長いスタッフや構造や注意点を熟知しているスタッフに任せるのが一番修復率が高くなります。

シンプルといいましたが、作業としては

画面を本体から外す→各所のネジを外す→画面と本体を繋いでいるケーブルを外すといった流れになります。

写真は画面を開けた状態です。

画面と本体を繋いでいるケーブルを外していきますが、本体の電源は必ず落としてから作業します。

本体に電流が流れたまま分解すると本体に余分な電気を流してしまったり、ショートを起こす危険性があります。

あくまでも慎重に・・。

画面を外した状態がこちら。

iPhone11Proではこの後新しい部品にFaceIDを移植します。

移植なので新しく交換するわけではありません。部品本体が衝撃などで痛んでいると症状が悪化する可能性もあります。

ここも慎重に外していきます。

FaceIDまで分解できたらあとは最初の逆です。

新しい画面に既存の部品を移植→本体に画面のケーブルを接続→各所にネジを止める→画面を閉じて起動

修理が完了したものがこちらになります。

画面は新しくなっているため新品同様ピカピカの画面をご提供できます。

修理前の画面と比較しても綺麗になっているのが分かるかと思います。

やはりiPhoneは割れた画面より、綺麗な画面を使い続けていきたいですね!

 

 

ご相談はモバイル修理センター高円寺店へ

 

 

今回のiPhone11Proは下記のご案内で修理をしております。

機種:iPhone11Pro

症状:画面割れ

価格:34,800(税別)

作業時間:約30分~

モバイル修理センター高円寺店ではiPhoneだけでなく、スマートフォン、iPadやswitchの修理を随時受付中です。

在庫には限りがあるものもございますので、一度お問い合わせいただけると幸いです。

今後も修理の記事をupしていく予定ですので、気になった方は是非ご拝読ください 。

ページの先頭へ戻る