iPhone(アイフォン)修理のモバイル修理センターは安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はモバイル修理センターで即日解決

修理ブログ

BLOG

  • 2021年1月19日
  • 高円寺店

Apple Watchで症状が現れる数日前にコロナ感染確認が可能に?

モバイル修理センター高円寺店です。モバイル修理センター高円寺店のブログではiPhone修理やシステムなどのお役立ち情報などを紹介しています。

私事ですが、Apple Watchを1年使って、約1年が経ちました。
タイマーに使ったり、移動時のカロリーチェックなどに使うなど本当に使えるスマートウオッチといったところです。
そんな便利なApple Watchですが、スマートウォッチやウェアラブルデバイスで、継続的に心拍数などを測定しておくと、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状が現れる前に、感染しているかどうかが判断可能になるという情報が入ってきました。

 

心拍変動に着目

ニューヨークのマウント・サイナイ・ヘルス・システムの研究者は、Apple Watchがコロナ感染の兆候となりうるユーザーの心拍数のわずかな変化を検知、最大で症状が出る7日前に感染を確認できることを発見しました。研究では「心拍変動」(拍動してから次の拍動までの間隔のゆらぎ)に着目、コロナ感染者は感染していない人と比べ、心拍変動が少ないことが判明したそうです。

感染すると安静時心拍数に変化

マウント・サイナイとは別に、カリフォルニアのスタンフォード大学も、Garmin、Fitbit、Appleなど複数の異なるスマートウォッチやトラッカーを被験者に着用してもらい、調査を行いました。その結果、新型コロナに感染していた人の81%で、症状の現れる最大9日半前から「安静時心拍数」に変化が生じていたそうです。スタンフォード大の研究者らはその後、スマートウォッチのデータを解析することにより、感染者の約3分の2を、症状が現れる4日〜7日前に突き止めることに成功したと報告しています。同大は合計5,000人以上のデータと、コロナ感染者32人のデータを解析したとのことです。

Source: CBSNews

  • 2021年1月16日
  • 高円寺店

【iPhone修理】iPhone11 リアカメラ交換をご紹介!

こんにちは

モバイル修理センター高円寺店のブログでは主にiPhoneやスマホに関する修理風景を更新しています。

画面割れや液晶不良などがどのような流れで修理が行われているのか。気になる方は是非ご覧ください!

修理端末は・・・・iPhone11!

今回お預かりした端末を早速確認します・・

 

 

 

うへえ( ^ω^)・・・・

 

真ん中でカクカクと画面が震えています、写真だとわりづらいですがブルブルと言った方が近いでしょうか。

一瞬液晶の問題を疑いますがホーム画面に戻ると収まります。しかしカメラを起動するとまた画面が揺れます。

このことからまず原因は画面ではなく、カメラによるものだと絞ることができます。

 

この症状ですが、

iPhone11のみではありません。iPhone6でもiPhone8でもiPhoneXでも起こることがあります。

原因としては恐らく何かしらの衝撃が本体に加わりカメラに直接ダメージが入ったと考えられます。つまりカメラを交換することでこの症状は解決できます。

 

そうと分かれば早速修理に取り掛かります。

ここでおさらいになりますが、iPhone11シリーズの電源が万が一切れない場合強制シャットダウンをする方法があります。

カメラトラブルだけなら普通に切れると思いますが、おさらいなので念のため!

iPhone11のシャットダウン方法

 

iPhoneは画面操作が効かなくなった時などの手段として、強制シャットダウンをすることができますが機種によって方法は異なります。

今回はiPhone11になりますので、iPhone8以降から採用された強制シャットダウン方法を使います。

①音量ボタンの上を一回押す

②音量ボタンの下を一回押す

③電源ボタンを長押しする

④一度画面が消えて、再度リンゴのマークが点くがそのまま押しっぱなしにする。画面が再度消えたら離す

音量ボタンは長押しではなく、テンポよく押します。

これでiPhoneの電源は落とせますので困った時は是非ご参考までに…。

 

(さらに…)

  • 2021年1月14日
  • 高円寺店

【iPhoneお役立ち機能】背面タップを活用しよう

モバイル修理センター高円寺店です。

モバイル修理センター高円寺店はiPhoneやスマホに関してのお役立ち情報や修理の記事を紹介しています。

今回はiPhoneについての紹介になりますが、皆さんはiOSが14にアップデートされてから背面タップが使えるようになったのはご存知でしょうか。

背面タップは予め設定していた動作を背面を押すだけで出来るようになる便利な機能です。

 

そもそも背面タップとは?

 

背面タップとはそもそも何でしょうか。背面タップはiOS 14で導入されたアクセシビリティ機能です。機能を簡単に説明すると、iPhoneの裏側を2回か3回タップすることで、その機能を起動できます。背面タップを活用することで、スクリーンショットを撮ったり、コントロールセンターを開いたり、簡易アクセスをオンにしたりといった、さまざまなタスクが実行できるようになります。

更にダブルタップ、トリプルタップしたときのアクションを、それぞれ別に設定することもできます。

背面タップは、「ショートカットApp」で作成したSiriショートカットを実行するためにも使うことができ、使い道は幅広くなっています。背面タップで起動できるさまざまなアクションが、デフォルトで用意されています。これらのアクションはシステム、アクセシビリティ、スクロールジェスチャのカテゴリーに分けられています。

 

背面タップ対応機種とは

 

iPhoneには便利なアクセシビリティ機能が沢山ありますが、一部機種では例外もあります。

今回紹介している背面タップはどのiPhoneでも使えるわけではなく、以下に挙げたモデルが必要です(これら以外は、たとえ最新バージョンのiOSがインストールされていても背面タップは使えません)。

対象機種は

iPhone 12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max

iPhone 11、11 Pro、、11 Pro Max

iPhone X、XR、XS、、XS Max

iPhone 8、8 Plusとなっています。

つまり、背面タップが使えないのはiPhone 8以前のモデルです。また、意外なことにiPhone 12と同じ年に発売されたiPhone SE(第2世代)も背面タップには対応していません。

上記の機種は全て背面がガラス製になっているので共通かと思っていましたがSE2は対象外のようですね。

 

便利ではあるが問題も…

 

残念ながら、背面タップは完璧な機能ではありません。従来型のボタンと違って、背面タップはiPhoneの周囲の振動や動きを感知することで作動します。

なので、iPhoneを手に取ったり、デスクの上に置いたりするだけで、背面タップが誤作動してしまうことがあるのです。

また背面タップは、iPhoneのケースが分厚すぎると使えない場合もあります。

Apple製のレザーケースはまったく問題ないらしいですが、全部がというわけではありません。もし背面タップがうまく作動しない場合は、ケースを外して、もう一度試してみるのをオススメされています。しかし今後、時間が経つにしたがって、意図的なタップと誤ったタップを見分ける能力はきっと向上するはずだと言われています。

 

背面タップをオンにする方法

 

背面タップをオンにする手順は次のとおりです。

 

 

 

1:設定アプリを開いて、アクセシビリティを選びます。

2:身体機能および操作のセクションにあるタッチをタップします。

3:下にスクロールして、背面タップを選びます。

 

 

4:ダブルタップまたはトリプルタップをタップして、設定したいアクションを選びます。そのそれぞれに、さまざまなアクションが設定できます。

 

photosource:https://www.lifehacker.jp/

  • 2021年1月11日
  • 高円寺店

iPhoneにウイルス対策は必要?

モバイル修理センター高円寺店です。モバイル修理センター高円寺店のブログではiPhone修理やシステムなどのお役立ち情報などを紹介しています。

PCではセキュリティ対策ソフトなどでウイルス対策を講じるのが一般的ですが、スマホに関してはあまり気にせず使っている人も多いのではないでしょうか?
ネットでは「iPhoneはウイルス感染しない」という話も目にすることがあるが、本当のところはどうなのかを解説していきます。

結論

「PCに比べてリスクは低いものの、iPhoneもAndroidもウイルス感染する可能性はある。しかし感染しないために、AppleとGoogleが日々対策をしている」というのが実情です。

大前提として、スマホもPCと同じように、ウイルス感染などのリスクはあります。
スマホの場合は「不正な行為をするアプリ」という意味で「不正アプリ」と呼ばれるものがよく知られてますね。
これをインストールしてしまうと、ネットバンキングやAmazonなどのネットショッピングサイトをはじめとするオンラインサービスのログイン情報やアドレス帳のデータなど、スマホ内の情報を盗み出される恐れがあります。

ほかにも、端末を不正に操作される、不正サイトに誘導する広告が表示されるなど、ウイルス感染によりさまざまな危険にさらされる可能性が出てきます。

当然、そのような危険をわかっていながら、iOSを提供するAppleや、Androidを提供するGoogleは黙っているわけではもちろんありません。
私たちが安心してスマホを使えるようにさまざまな対策を講じています。

ユーザーが出来る対策

1. OSはいつも最新のバージョンにしておく

OSに脆弱性が存在してしまうことは避けられません。
このためOSの開発元は常に脆弱性対策を施したアップデートの配布を続けている。
OSを最新版に保つことは脆弱性の攻撃から守るための基本対策です。

 

2 信頼のおけない提供元のアプリはインストールしない

App StoreやGoogle Playでは厳格な審査により、不正アプリを排除しているため、正規マーケットからのアプリは安全性が高い。
Androidも「提供元不明アプリのインストールを許容する」にチェックを入れない限りは安全な状態が保たれている。しかし正規マーケットのアプリを使いたい場合は自己責任となる。

3 アプリに不要な権限を与えない

万が一、不正アプリをインストールしてしまった場合も、活動する権限を与えなければ、被害を抑えられる。
たとえば、アドレス帳へのアクセスを許可しなければ、アドレス帳のデータ流出を防ぐことができます。同様に画像データへのアクセスを許可しなければ、画像データが流出する危険性は少なくなくなります。

この3つを行うことだけでも大切なスマートフォンが危機に晒されることが少なくなります。
モバイル修理センターでは故障したスマートフォンの修理を行っております。
もし故障でお困りでしたら、高円寺徒歩3分のモバイル修理センター高円寺店にお任せくださいませ。

  • 2021年1月9日
  • 高円寺店

【iPhoneお役立ち機能】画面を押したときの振動を消したい

モバイル修理センター高円寺店です。モバイル修理センター高円寺店のブログではiPhone修理やシステムなどのお役立ち情報などを紹介しています。

iPhoneを使用しているとき、画面を押し込むと指先に感じる軽い振動を感じたことはありませんか?

ブルっとしたような振動はiPhoneに内蔵されているリニアモーターの一種「タプティック・エンジン」によるものです。
我々は「感圧センサー」だったり一般的には3Dタッチとも呼ばれています。
これはiPhone 6sのとき初めて採用され、iOS 13以降は触覚に訴えるユーザインターフェースを意味する「ハプティック・タッチ(Haptic Touch)」に欠かせない存在となっています。

 

時には邪魔に感じることも

 

タプティック・エンジン、所謂感圧センサーですが、気になる方はやはり気になるようです。
アイコンを長押しした時に物理ボタンを押したときのような感触があってわかりやすいという人もいれば、少しでもバッテリー消費量が減るほうがいいから止めたいという人もいます。感じ方は人によって異なります。

とはいえデフォルトでは有効にされており、オン/オフするためのそれらしいスイッチは見当たりませんから、別に気にしないでよくない?という意見もあります。

しかし、やはり気になる方は気になりますよね。
実はハプティック・タッチは無効化できます。
スイッチは少々わかりにくい名称なうえ、オフにすると通知や着信のときのバイブレーションまで無効化されてしまうため、通知や着信に気付きにくくなってしまうデメリットがあります。
しかし、無効化すれば画面を押しても指先に振動を感じることはなくなります。

 

 

ハプティック・タッチを無効化する方法

 

 

 

「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」の順に画面を開き、「バイブレーション」スイッチをオフにします。

 

なお、この「バイブレーション」スイッチは、カレンダーアプリで日付や時刻を指定するとき回転させる部品(ピッカー)を動かしたときや、アプリスイッチャーを表示しようと画面下部を上方向へスワイプしたときなど、ありとあらゆる場面の振動を無効化してしまいます。よく考えて利用しましょう。
振動自体が鬱陶しいという方は是非試してみてはいかがでしょうか。

 

 

参考元:https://news.mynavi.jp/article/20210109-ipadiphonehacks/
参考画像:https://news.mynavi.jp/article/20210109-ipadiphonehacks/

ページの先頭へ戻る