iPhone(アイフォン)修理のモバイル修理センターは安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はモバイル修理センターで即日解決

修理ブログ

BLOG

  • 2021年1月9日
  • 高円寺店

【iPhoneお役立ち機能】画面を押したときの振動を消したい

モバイル修理センター高円寺店です。モバイル修理センター高円寺店のブログではiPhone修理やシステムなどのお役立ち情報などを紹介しています。

iPhoneを使用しているとき、画面を押し込むと指先に感じる軽い振動を感じたことはありませんか?

ブルっとしたような振動はiPhoneに内蔵されているリニアモーターの一種「タプティック・エンジン」によるものです。
我々は「感圧センサー」だったり一般的には3Dタッチとも呼ばれています。
これはiPhone 6sのとき初めて採用され、iOS 13以降は触覚に訴えるユーザインターフェースを意味する「ハプティック・タッチ(Haptic Touch)」に欠かせない存在となっています。

 

時には邪魔に感じることも

 

タプティック・エンジン、所謂感圧センサーですが、気になる方はやはり気になるようです。
アイコンを長押しした時に物理ボタンを押したときのような感触があってわかりやすいという人もいれば、少しでもバッテリー消費量が減るほうがいいから止めたいという人もいます。感じ方は人によって異なります。

とはいえデフォルトでは有効にされており、オン/オフするためのそれらしいスイッチは見当たりませんから、別に気にしないでよくない?という意見もあります。

しかし、やはり気になる方は気になりますよね。
実はハプティック・タッチは無効化できます。
スイッチは少々わかりにくい名称なうえ、オフにすると通知や着信のときのバイブレーションまで無効化されてしまうため、通知や着信に気付きにくくなってしまうデメリットがあります。
しかし、無効化すれば画面を押しても指先に振動を感じることはなくなります。

 

 

ハプティック・タッチを無効化する方法

 

 

 

 

「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」の順に画面を開き、「バイブレーション」スイッチをオフにします。

 

なお、この「バイブレーション」スイッチは、カレンダーアプリで日付や時刻を指定するとき回転させる部品(ピッカー)を動かしたときや、アプリスイッチャーを表示しようと画面下部を上方向へスワイプしたときなど、ありとあらゆる場面の振動を無効化してしまいます。よく考えて利用しましょう。
振動自体が鬱陶しいという方は是非試してみてはいかがでしょうか。

 

 

参考元:https://news.mynavi.jp/article/20210109-ipadiphonehacks/
参考画像:https://news.mynavi.jp/article/20210109-ipadiphonehacks/

ページの先頭へ戻る