iPhone(アイフォン)修理のモバイル修理センターは安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はモバイル修理センターで即日解決

修理ブログ

BLOG

  • 2020年12月19日
  • 高円寺店

2022年にはAppleから折り畳み式iPhoneが登場か?

モバイル修理センター高円寺店です。モバイル修理センター高円寺店のブログではiPhone修理やシステムなどのお役立ち情報などを紹介しています。

モバイル修理センター高円寺では”基板修理”の受付を行っております。

iPhoneで度々噂や予想されている新モデル、iPhone12シリーズが出た後は折り畳み式が出るのではないだろうかと話題になっていましたが、台湾DigiTimesが、Appleが2022年に、フレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイ搭載の折りたたみiPhoneで、折りたたみスマートフォン市場に参入すると報じています。

 

次々と発売される折り畳み式スマートフォン

折り畳み式スマートフォンといえばすでに他メーカーから発売されています。価格は高額ですが折り畳んでも表示される液晶には驚きました。
Samsungでは2021年に4つの折りたたみスマートフォンを発売すると予想されるなど、フレキシブルOLEDディスプレイの市場が今後大きく拡大すると予想されているよです。
そしてAppleでも、Galaxy Z Foldが搭載するタイプの折りたたみスマートフォン用フレキシブルOLEDディスプレイのサンプル供給をSamsungに依頼したとの情報があります。
Samsungでは既に折り畳み式スマートフォンが発売されているのでやはり参考にしたいところなのでしょうか。

 

Appleも折り畳み式を開発中か

 

Appleが開発中の折りたたみiPhoneは、Samsungのような折りたたむというよりは2つのディスプレイを組み合わせたSurface Duoのようなモデルになると伝えられてきましたが、DigiTimesの報道ではGalaxy Z Foldのような折りたためるフレキシブルOLEDディスプレイを搭載して2022年に参入、それにより更に市場が拡大すると予想されるようです。
同メディアによれば、Samsung Displayは2020年下半期(7月〜12月)に、フレキシブルOLEDディスプレイの月間生産可能枠を90万枚まで拡大しているとのことです。
5G端末が登場しましたが5Gはまだまだ拡散されていません、これからに向けて折り畳み式iPhoneはもう少し先になるのではないかと思っています。
しかし、これから折り畳み式スマートフォンが他社から発売していけば流れに対抗する可能性も否定できないです。
今回の情報が正式なものかは不明ですが、これが本当ならAppleの折り畳み式iPhoneが発売される未来も近いのかもしれません。

 

Photosource:The Verifier

ページの先頭へ戻る